石本 義治

「あなただから買いたい」と言われるような営業マンを目指します!

工業用品

工業用品本部 営業部 主任

石本 義治

2008年入社

※2019年11月時点のインタビューです

わたしの仕事

幅広い経験ができることが
工業用品営業の魅力です

工業用製品の営業活動と受注品の管理を担当しています。営業先としては、ゴムロールは主に製鉄所、水中ゴム軸受は造船所・海運会社です。既存のお客様のフォロー、新規のお客様へのPR活動も並行して行っています。受注品の管理では、受注した製品の手配、製造部との調整、出荷までの工程に携わります。営業活動はもちろん、ものづくりの一部にも携われるため、幅広い経験ができる面白さがあります。いつも、相手の立場に立って、誠意を持った対応を心掛けています。

仕事のやりがい

仕事のやりがい

新規開拓の達成感と
モノづくりに関われる喜び

新規で開拓したお客様に弊社製品を採用いただいた時です。新規の場合、すでに他社さんを使われていて、信頼関係もできていることが多いのですが、そんな不利な状況でも、一から関係を築いて、様々な角度から提案を行って、信頼を勝ち取り採用を頂いたときは、何度味わってもガッツポーズするほどうれしいです。そして、納品後にお客様から「採用してよかったよ」と喜んでもらえると、さらにやりがいを感じます。また、メーカーですので、注文を頂いた商品が、実際に作られていくのを見ることができます。水中ゴム軸受を採用した船が進水して運行する姿や、ゴムロールが組み込まれた製鉄所の設備などを見ると感慨深いところがあります。

入社を決めた理由

入社を決めた理由

世界に通用する製品を
広島から生み出している誇り

就職活動では、ものづくりに関わりたいと思い、メーカーを志望しておりました。ミカサはボールで馴染みもあり、国際大会にも採用されているということも知っており、会社説明会を受けてみましたが、その際に工業用ゴム製品でも、広島から世界に通用する製品をつくっていると知り、憧れて応募しました。

これからの目標

信頼関係を築き、
最善の提案を目指したい

多くのお客様から「あなただから買いたい」と言われるような営業マンになることが目標です。この言葉が、営業という仕事の一番の褒め言葉だと思っています。そのためにはしっかりした信頼関係を築き、人間性を身に付け、色々な知識を身につけて、常に最善の提案を心がけて行きたいと思います。

オフタイムの過ごし方

高校まで野球をやっていたので、休日の朝には草野球を楽しんでいます。そのあとは、だいたい家族と買い物に行ったり、子供と公園で遊んだりしています。今年の春、お客様から奨められたのをきっかけに、アウトドアにハマりました。道具を揃え、家族や友達とキャンプやBBQをしています。自然の中で、ゆっくりするのはとてもリフレッシュできます。「今度はどこへ行こうかな」と考えるだけでもワクワクします。

オフタイムの過ごし方01
オフタイムの過ごし方02
オフタイムの過ごし方03