谷本 和也

誰からも信頼され、安心していただける営業になりたい!

ボール・スポーツ用品

国内営業部

谷本 和也

2019年入社

※2019年11月時点のインタビューです

わたしの仕事

好きなスポーツを支える
やりがいを毎日感じます

東京支店において、問屋や小売店からのボールの在庫確認、修理や梱包・発送を行うほか、上司との同行で、問屋や小売店、学校を訪問して商品の紹介や拡販につなげる動きをしています。時には各地域のスポーツ大会(バレーボール、サッカー、バスケットボール、ハンドボール等)に出向いて、先生方と商談をさせていただくこともあります。自分の好きなスポーツを支える仕事に取り組めることや、色々な方と交流しながら「谷本くんで良かった」と言っていただける時に、やりがいを感じています。

わたしの仕事

大切にしていること

わかりやすく伝えること
焦らず一歩ずつ進めること

人に説明することが多い職種なので、相手に何かを伝える際に、端的にわかりやすく話すことに気を付けています。また、すべき事がたくさんある時に、焦らずに目先の事から一つずつ手掛けるよう心がけています。そして、会社の方にも、お店や取引先の方にも、目を見て元気よく挨拶をするようにしています。

大切にしていること

入社を決めた理由

消費者と直接対話ができる仕事、
スポーツに関われる仕事

小学生の頃、地元広島のクラブチームで行われる「ミカサカップ」に出場した頃から社名は知っていました。大学に進んで、就職活動の際に、消費者と直接対話できる仕事であり、スポーツに関われる仕事として、ミカサに応募しました。学歴やスポーツ歴というよりも、自分自身の性格や人柄をしっかりと見て判断いただいていると面接で感じたことを、印象深く覚えています。入社して自分がしたいこと、将来のビジョンをはっきりと説明できたことがうれしかったです。

これからの目標

たくさんの経験を積んで、
包容力のある営業になりたい

誰からも信頼され、安心して頂けるような人間になりたいと考えています。そのためには、少しでも早く東京の街に慣れたいです。色々なところに足を運び、数多くの職種の方と話をして、自分の経験値を大きく伸ばしていきたいと思っています。そして、相手の話をしっかりと聞いて、意味をしっかりと理解できるようになりたいですし、もし自分と異なる意見を聞く場合も、相手を否定するのではなく、そのような考え方があることを忘れない、自分の言葉で伝える力を持った営業になりたいと思います。

オフタイムの過ごし方

休日はフットサルをしたり、同期や友達と食事に行くことが多いです。仕事が終わった後は、ジムで汗を流すこともあります。最近ハマっているのは、東京のまだ行ったことのない場所に行って、美味しい居酒屋を発掘することです。

オフタイムの過ごし方01
オフタイムの過ごし方02
オフタイムの過ごし方03