ボールのメンテナンス方法

ボールと長く付き合うためのメンテナンス方法

ボールに空気を入れる時の注意点

ボールに空気を入れる時は、空気注入針にスムーズグリセリンNDLSCを必ずつけましょう。

品名:空気注入針スムーズグリセリン
品番:NDLSC

正しい圧力で空気を入れましょう。(エアーゲージAG-500でボールの圧力を適正内圧に調整しましょう。)

品名:デジタルエアーゲージ
品番:AG-500
圧力単位は、ボタンで4種類に切り替えできます。
測定上限138kPa、1.4kgf/cm2、1.4bar、20psi
予備針1本付き、本体裏側に収納されています。
ボタン型電池CR2032 3V 1個を付属。

製法によるボールの分類

ミカサのボールは、製法別に分類した場合、4タイプに分けられます。

それぞれの製法によって、メンテナンス方法が異なりますのでご注意ください。

それぞれのメンテナンス方法

1. 貼りボール(新素材タイプ)のメンテナンス方法

使用後の手入れ

ボールが濡れてしまった時…

貼りボールは、パネルを接着剤で接着しています。水分や熱等で接着力が弱くなるとパネルが剥がれてきたり、 接着剤が表面にしみだして変色する原因になったりします。

取扱い上の注意

2. 貼りボール(人工皮革、天然皮革タイプ)のメンテナンス方法

使用後の手入れ

ボールが濡れてしまった時…

貼りボールは、パネルを接着剤で接着しています。水分や熱等で接着力が弱くなるとパネルが剥がれてきたり、 接着剤が表面にしみだして変色する原因になったりします。

取扱い上の注意

3. 縫いボール(手縫い、ミシン縫いタイプ)のメンテナンス方法

使用後の手入れ

取扱い上の注意

4. ゴムボール(その他)のメンテナンス方法

使用後の手入れ

取扱い上の注意

PAGE TOP