MIKASA 株式会社ミカサ

BALL MAINTENANCE ボールメンテナンス

製法によるボールの分類

貼りボール(人工皮革、新素材タイプ)

貼りボール(人工皮革、新素材タイプ)

ボール表面に人工皮革や柔らかい新素材パネルを貼っているタイプになります。

メンテナンス方法を見る

貼りボール(天然皮革タイプ)

貼りボール(天然皮革タイプ)

ボール表面に天然皮革パネルを貼っているタイプになります。

メンテナンス方法を見る

縫いボール(手縫い、ミシン縫いタイプ)

縫いボール(手縫い、ミシン縫いタイプ)

表面のパネルとパネルを糸で縫い合わせているタイプのボールです。

メンテナンス方法を見る

ゴムボール(その他)

ゴムボール(その他)

ボール表面がゴム製のボールです。

メンテナンス方法を見る

各種メンテナンス

貼りボール(人工皮革、新素材タイプ)のメンテナンス

MC55-WBL
MC55-WBL
スマイルシリーズ SKV5
スマイルシリーズ VS170W-Y-BL
V200W
V200W

ボール表面に人工皮革や柔らかい新素材パネルを貼っているタイプになります。

使用後の手入れ
  • 柔らかい布で、ボールの表面を拭いてください。
  • 汚れが落ちにくい時は、布に水をふくませて拭いてください。
  • 水で汚れが落ちにくい場合には、水で薄めた中性洗剤を軽く含ませた布で汚れを拭きとってください。
  • 中性洗剤をつけた場合、洗剤を十分に拭き取り、表皮に残らないようにしてください。(洗剤は変色の原因になります)
  • 水拭き後は、乾いた布で拭いてください。
  • 風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 雨にぬれたボールは、布で水分や汚れをとった後、風通しのよい日陰でかわかしてください。
  • ボール表面をベンジン/溶剤等でふかないで下さい。(表皮素材を痛めてしまう可能性があります)
ボールが濡れてしまった時…

貼りボールは、パネルを接着剤で接着しています。
水分や熱等で接着力が弱くなるとパネルが剥がれてきたり、 接着剤が表面にしみだして変色する原因になったりします。

  • 乾いた布などを当て、軽く水分を吸い取ってください。
  • 風通しの良い場所で乾かしてください。
  • ドライヤーなどでの強制乾燥を避けてください。
取扱い上の注意
  • このボールは、たたんだ状態で保管、輸送しますと空気を入れた後も表皮にシワが残ります。空気を入れた状態での保管、輸送をお願いします。
  • 直射日光の当たる場所に置きっぱなしにしないようにしてください。
  • あつい場所や、じめじめした場所に、保管しないようにしてください。
  • 通気性の良い場所で保管してください。
  • 定期的に風通しの良い場所で、陰干しをしてください。

貼りボール(天然皮革タイプ)のメンテナンス

MVP400
MVP400MAL
CF7000
CF7000

ボール表面に天然皮革パネルを貼っているタイプになります。

使用後の手入れ
  • 柔らかい布で、ボールの表面を拭いてください。
  • 汚れが落ちにくい時は、布に水をふくませて拭いてください。
  • 水拭き後は、乾いた布で拭いてください。
  • 風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 雨にぬれたボールは、布で水分や汚れをとった後、風通しのよい日陰でかわかしてください。
  • ボール表面を中性洗剤/ベンジン/溶剤等でふかないで下さい。(表皮素材を痛めてしまう可能性があります)
ボールが濡れてしまった時…

貼りボールは、パネルを接着剤で接着しています。水分や熱等で接着力が弱くなるとパネルが剥がれてきたり、 接着剤が表面にしみだして変色する原因になったりします。

  • 乾いた布などを当て、軽く水分を吸い取ってください。
  • 風通しの良い場所で乾かしてください。
  • ドライヤーなどでの強制乾燥を避けてください。
取扱い上の注意
  • 直射日光の当たる場所に置きっぱなしにしないようにしてください。
  • あつい場所や、じめじめした場所に、保管しないようにしてください。
  • 通気性の良い場所で保管してください。
  • 定期的に風通しの良い場所で、陰干しをしてください。

縫いボール(手縫い、ミシン縫いタイプ)のメンテナンス

SVC502SBC-WBK(手縫い)
SVC502SBC-WBK(手縫い)
FLL500-BL
FLL500-BL

表面のパネルとパネルを糸で縫い合わせているタイプのボールです。

使用後の手入れ
  • 使用後は、縫い目に入ったゴミや砂を、ブラシ等でとってください。
  • 柔らかい布で、ボールの表面を拭いてください。
  • 汚れが落ちにくい時は、布に水をふくませて拭いてください。
  • 水で汚れが落ちにくい場合には、水で薄めた中性洗剤を軽く含ませた布で汚れを拭きとってください。
  • 中性洗剤をつけた場合、洗剤を十分に拭き取り、表皮に残らないようにしてください。(洗剤は変色の原因になります)
  • 水拭き後は、乾いた布で拭いてください。
  • 風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 雨にぬれたボールは、布で水分や汚れをとった後、風通しのよい日陰でかわかしてください。
  • ボール表面をベンジン/溶剤等でふかないで下さい。(表皮素材を痛めてしまう可能性があります)
取扱い上の注意
  • 直射日光の当たる場所に置きっぱなしにしないようにしてください。
  • あつい場所や、じめじめした場所に、保管しないようにしてください。
  • 通気性の良い場所で保管してください。
  • 定期的に風通しの良い場所で、陰干しをしてください。

ゴムボール(その他)のメンテナンス

MS-M78-YBL(ソフトタイプ)
MS-M78-YBL(ソフトタイプ)
D3W-G(ハードタイプ)
D3W-G(ハードタイプ)

ボール表面がゴム製のボールです。

使用後の手入れ
  • 汚れが落ちにくい時は、布に水をふくませて拭いてください。
  • 水で汚れが落ちにくい場合には、水で薄めた中性洗剤を軽く含ませた布で汚れを拭きとってください。
  • 中性洗剤をつけた場合、洗剤を十分に拭き取り、表皮に残らないようにしてください。(洗剤は変色の原因になります)
  • 水拭き後は、乾いた布で拭いてください。
  • 風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 雨にぬれたボールは、布で水分や汚れをとった後、風通しのよい日陰でかわかしてください。
  • ボール表面をベンジン/溶剤等でふかないで下さい。(表皮素材を痛めてしまう可能性があります)
  • 空気は使用前に注入し、使用後は必ず空気を抜いて下さい。空気圧を使用時のままにしておくとボールが膨張したり、変形する可能性があります。
取扱い上の注意
  • 直射日光の当たる場所に置きっぱなしにしないようにしてください。
  • あつい場所や、じめじめした場所に、保管しないようにしてください。
  • 通気性の良い場所で保管してください。
  • 定期的に風通しの良い場所で、陰干しをしてください。

空気入れの注意点

ボールに空気を入れる時の注意点

ボールに空気を入れる時は、空気注入針にスムーズグリセリンNDLSCを必ずつけましょう。
無理に挿入してバルブを傷つけると空気漏れの原因になります。

空気注入針スムーズグリセリン

空気注入針スムーズグリセリン

品番 : NDLSC

¥300 (税抜)

空気注入針にスムーズグリセリンNDLSCをつける01 空気注入針にスムーズグリセリンNDLSCをつける02

正しい圧力で空気を入れましょう

ボールに空気を入れる際は、空気注入口のまわりに適正内圧が印刷されていますので、圧力を調整し空気を入れましょう。
適正内圧に調整する事は、最適なリバウンド・柔らかさのボールとなり、ボールを長持ちさせる秘訣です。

デジタルエアーゲージ

デジタルエアーゲージ

品番 : AG-500

¥6,000 (税抜)

バルブ交換

バルブ交換の注意点

バルブの種類
  • ・バルブ交換をする際は、弊社” バルブ取替専用具(TL-40) ”と” スムースグリセリン(NDLSC) ”をご使用ください。
  • ・お客様ご自身での交換作業が難しいと判断された場合は、交換作業を中止し、ボールをご購入頂いたお店を通じて、ミカサへ修理依頼(有料)に出してください。
  • ・バルブ交換による破損や傷、適合商品以外のバルブを使用されたことにより生じた空気漏れに関しましては、一切の責任を負いかねます。予めご理解の程よろしくお願いします。

バルブ交換方法

各種バルブ交換方法 PDFダウンロード

HOME サポート ボールメンテナンス